【子猫の飼い主さん必見】猫に歯磨きは必要なの?

猫も歯磨きが必要!知っておきたい歯周病のリスク、フードの注意点

結論から言いますと、猫にも歯磨きが必要です。口の中に残ったフードなどの食べカスを放置することは、歯周病を招く原因になります。歯周病は単に歯や口の中の問題ではなく、全身に深刻な影響を及ぼす恐れがある疾患です。歯周病リスクやフードの注意点、歯磨きの方法、コツについて解説します。

猫の歯周病とは? 

歯周病は、歯と歯肉(歯ぐき)の境目にある溝「歯周ポケット」から細菌が侵入していくことで歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨が溶けてしまう疾患です。

歯に残った食べカスを栄養として増えていくのが「歯垢」。歯垢の中にいる細菌が歯と歯肉の間に侵入することで、歯周に炎症を起こす「歯肉炎」となります。

さらに歯垢はだ液に含まれるリンやカルシウムによって石灰化し「歯石」に変化。歯石は歯ブラシなどで取り除くことはできません。歯垢や歯石を放置すれば歯肉炎から「歯周病」になってしまいます。

歯周病の症状

歯周病になると、次のような症状がみられます。

  • 歯肉の腫れ
  • 歯肉が赤くなる
  • 口臭が強まる
  • よだれが垂れる
  • 歯肉から時々血が出る
  • 歯の色が黄色くなる
  • ドライフードを食べたがらない
  • 口周辺を触るのをひどく嫌がる
  • 歯がグラグラになる
  • 歯が抜ける
  • ひどい場合は鼻に炎症が拡大し、膿がくしゃみで出ることもある
  • 膿が鼻の奥にたまることで目の下が腫れる

など。

歯周病が怖いのは、これらの症状だけにとどまらず全身に影響を及ぼす可能性があるということです。

歯周病による歯肉の痛みで食事が摂れなくなると、栄養不足になって免疫力の低下などを招きます。歯周病の細菌が血液によって全身に運ばれることで、心臓や腎臓などの深刻な病気の原因にもなりかねません。

歯周病の治療は?

歯周病になると家庭だけのケアで回復させることは困難です。動物病院での治療が必要になります。

歯石を取り除く

全身麻酔をかけ超音波スケーラーやハンドスケーラーなどを用いて歯石を除去。歯周ポケットの汚れを落とし、歯の表面の汚れも落とします。

抜歯をすることもある

歯周病が進行して歯がグラグラしている場合は抜歯をすることもあります。一見かわいそうに思えますが、歯がなくても食べることは可能です。傷みや不快感がなくなって、猫はかえって楽になります。

薬での治療

炎症がある場合や、治療・抜歯後は抗生物質など薬を服用することもあります。

猫の健康のためには歯磨きが必要!

大切な猫が歯周病にならないためにも、悪化を食い止めるためにも「歯磨き」が必要です。

猫も長寿の時代。高齢になるにつれ、歯周病にかかる猫も増えています。家庭で飼育されている4歳以上の猫の50~90%が歯の疾患にかかっているという報告があるほどです。

「うちの猫は歯が白いから大丈夫」と思っても、歯垢があれば細菌が増殖、歯周病になる危険性は十分あります。

実は猫の口の中は、歯周病菌が発生しやすいアルカリ性です。しかも歯垢が歯石に変化するのに要する日数が人では20日なのに対し、猫はたった7日しかありません。このことからも定期的なケア「歯磨き」が必要です。

「猫に歯磨き」どうやってやるの?

歯磨きの重要性はわかったけれど「猫の歯磨きは大変」というイメージもあるかもしれません。コツは焦らないことです。「歯磨きをするといいことがある」と思わせましょう。

無理強いしない

いきなり猫を押さえつけて歯ブラシを口の中に入れたら、猫は恐怖心から歯磨きを二度と受けつけなくなってしまいます。焦らずに少しずつ慣れさせるようにしましょう。

たとえうまくいかなくても、決して怒らないでください。怒られたら「歯磨き=いやなこと」になってしまいます。子猫を飼っている方は、今のうちに慣れさせておきましょう。

専用の歯ブラシを用意

口の中に垂らすだけのデンタルグッズなどを使っていても、歯周ポケットの中の汚れはとれません。猫用の歯ブラシでのブラッシングが必要です。

基本的に歯ブラシは動物用を使用しますが、人間用でもブラシの毛先が極細で、ヘッドが小さければOKです。愛猫にどんな歯ブラシが適しているかは動物病院で相談してください。

歯磨き粉は猫専用を

猫専用の歯磨き粉を使用します。人間用歯磨き粉は刺激が強すぎるだけでなく、猫にとって危険なキシリトール入りもあるため使わないでください。

最初のうちは好きなウエットフードや液状おやつを付けてなめさせ、歯ブラシを好きにさせる方法もおすすめです。

注:キシリトールは猫に与えない

人間の口腔ケアによいと言われるキシリトールは、猫や犬にとっては低血糖を引き起こす危険性がある成分です。絶対に与えないようにしましょう。

歯周ポケットをきれいに

ブラッシングするのは「歯周ポケット」。歯と歯肉の間の汚れをかきだすことを意識して、ブラッシングします。

一気にやろうとせず少しずつ

最初のうちは一気に全部磨かないこともコツです。まずは1本から始め、猫が嫌がったらすぐにやめましょう。

歯磨きはできれば毎日

歯垢が7日で歯石になることからも、毎日の歯磨きが理想です。困難な場合でも2日一度は行いましょう。

歯磨きシートで練習

どうしても歯ブラシを嫌がる場合は、猫用の歯磨きシートを使ってみてください。その際、指を噛まれないよう十分注意しましょう。

何をやってもダメな場合は?

何をやっても歯磨きを拒否される場合は、歯の状態のチェックも兼ねてかかりつけの動物病院に相談してください。

フードと歯周病の関係は?

ウエットフードをメインで食べる猫は、歯垢や歯石が付きやすいという研究結果もあります。

何度か噛む必要のある、粒の大きなドライフードを食べさせることも歯周病予防には有効です。デンタルケアに特化したドライフードもあるので、獣医師に相談してみてください。

カリカリと食べることができない時点で、猫の歯に問題があることにも気づくことができます。ドライフードを食べられない状態になっている猫には無理をせず食べやすいウエットフードなどを与え、歯磨きをしてあげましょう。

まとめ

歯周病は歯や歯肉にとどまらず、猫の全身に深刻な影響を与える危険性の高い疾患です。歯周病から猫を守るためにも歯磨きが必要です。しかし口元を触られることすら嫌がる猫もいることから、歯磨きには苦労するかもしれません。

猫を押さえつけて無理やり磨くのは恐怖心を与えるだけで逆効果です。おやつを利用して、少しずつ慣れさせましょう。歯につきにくいドライフードを与えることもおすすめです。

これまで歯磨きをしたことが無いという飼い主さんは、ワクチン接種や定期健診の機会を利用して、動物病院で愛猫の口の中の状態をしっかり診てもらいましょう。

参考資料

「猫の歯肉口内炎の発生要因」藤田 桂一ほか 日本獣医師会雑誌1999 年 52 巻 3 号 p. 175-179

「小動物歯科診療の歴史ならびに現状と展望 (II)」藤田 桂一 日本獣医学会誌 2005 年 58 巻 5 号 p. 298-300

Cornell University 「Feline Dental Disease」

PETMD「7 Common Dental Problems in Cats」

ビルバックジャパン 猫の歯の仕組みと構造〜歯周病など病気を未然に防ぐ~

キャットフード+(プラス)おすすめのフードを見る
この記事を書いた人
伊藤 悦子(いとうえつこ)
麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。2016年よりライターとして活動中。2019年よりNPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥などの飼育経験があります。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」を飼っています。