【グレイン・グルテンフリー】穀物不使用キャットフードが推奨される理由

猫のアレルギー対策!穀物不使用のキャットフードを与えるメリットとは?

猫にも人間と同じようにアレルギーになることがあります。原因はノミや食物などさまざま。食物アレルギーは原料に含まれるたんぱく質が主な原因で、小麦やとうもろこしなどの穀類による「穀物アレルギー」の他、肉や魚に反応する場合もあります

穀物アレルギーにならないために、穀物不使用のキャットフードを与えたい飼い主さんも多いのではないでしょうか。しかし穀物不使用というと「グレインフリー」と「グルテンフリー」で混乱しがちです。この記事では猫のアレルギーと穀物不使用のキャットフード「グルテンフリー」と「グルテンフリー」の違いについて解説します。

猫のアレルギー

愛猫がやたらとかゆがっていると、「アレルギーでは?」と心配になりますよね。猫のアレルギーにはかゆみのほかにどのような症状があるのでしょうか?

猫のアレルギーでよくみられる症状

強いかゆみのほか、脱毛など皮膚の症状、軟便や下痢、嘔吐など消化器症状もアレルギー症状として現れることがあります。次のような症状が現れたら、他の病気と見分けるためにも動物病院を受診しましょう。

皮膚症状
  • 頭・首・顔周辺の強いかゆみ:アレルギーでは、顔や耳周辺をかゆがることが多いようです。掻きすぎて、出血することもあります。
  • 脱毛:掻き続ける、なめ続けることなどで毛が抜けたり、薄くなったりすることがあります。
  • 紅斑;かゆみで皮膚が赤くなってしまいます。
  • 粟粒性皮膚炎:小さなブツブツができる皮膚炎です。
  • 脂漏症:フケがたくさんでる皮膚炎です。猫の場合は犬と異なり、乾燥してカサカサになりやすいといわれています。
消化器症状
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 軟便
  • 便の量が増える

などがあります。

アレルギーが起こるしくみ

体の免疫システムが過剰に働くことで、皮膚や消化器にさまざまな症状を引き起こすのがアレルギー。どのように発症するのでしょうか? 

人間も猫も犬もウイルスや細菌、ダニなどの寄生虫など「異物」が体内に入ってくると、免疫システムが働き、異物を攻撃する仕組みが備わっています。

免疫システムが過敏に働きすぎることがアレルギーです。本来であれば害がないはずの食品や花粉などを異物と捉えてしまいます。「異物」は抗原と呼ばれ、なかでもアレルギーを起こす異物は「アレルゲン」と呼ばれます。

アレルゲンに反応する経路はいくつかありますが、だいたい2時間以内に症状がでる「即時型アレルギー」について見てみましょう。

アレルゲンが体内に入ると、血液中に「IgE」などの免疫グロブリン抗体が過剰に作られ、皮膚や粘膜などにたくさん存在している「マスト細胞」と呼ばれる肥満細胞と結合しますがこの状態ではまだ何も起こりません。

ところが体内にふたたびアレルゲンが入ると、マスト細胞についているIgE抗体に結合します。その刺激でマスト細胞が、かゆみなどを引き起こす物質「ヒスタミン」「ロイコトリエン」などを放出するという仕組みです。

猫のアレルギーの原因は?

猫のアレルギーの原因は主に次の3つといわれています。

  1. ノミアレルギー
  2. 食べ物のアレルギー
  3. 花粉、化学物質など

猫のアレルギーはノミアレルギーが多いといわれていますが、食物にアレルギーを生じる猫もいます。

猫の食物アレルギー

食物アレルギーはノミや花粉などと異なって季節に関係なく起こり、アレルゲンとなる食物を食べたあと短時間で症状が現れることが多いようです。他のアレルギーも併発して食物アレルギーが悪化することもあります。

アレルゲンとなるのは、ほとんどがたんぱく質。小麦など穀物のたんぱく質のほかに、魚や肉、卵、乳製品など動物性たんぱく質でも生じることがあるため注意が必要です。発症年齢は、多くは4歳ごろまでに出るといわれていますが10歳という高齢にさしかかってからアレルギーになる猫もいます。

穀物アレルギーが不安?

ドライタイプのキャットフードには原材料に穀物が使われていることがありますが、猫が消化できるようアルファ化という状態に加工されています。

しかし穀物アレルギーへの不安から「穀物を使用していないフードを与えたい」と考える飼い主さんもいらっしゃるでしょう。しかし穀物フリーのキャットフードでは、「グレインフリー」と「グルテンフリー」が売られているため、どちらがいいか迷いがちです。

グレインフリーとグルテンフリーの違い

「グレインフリーとグルテンフリー」どういった違いがあるのでしょうか。

「グレイン」は米・とうもろこし・小麦・大麦など穀物を指します。つまりグレインフリーフードは原材料に「穀物が入っていない」フードです。完全肉食動物の猫には適した食事と言えるでしょう。

一方、グルテンは麦類から得られる「たんぱく質」をさします。グルテンフリーフードとは「麦類に含まれるたんぱく質が入っていない」フードです。グルテンが入っていないだけで、他の穀物が入っていることもあります。

ちなみに原材料に「コーングルテン」と書いてあるフードには、とうもろこしのたんぱく質が入っているという意味です。

猫の穀物アレルギーが心配、とうもろこしなど穀物が入ったフードを食べるとどうも調子が悪そうにしているという場合は、穀物が入っていないフード「グレインフリー」を与えてみましょう。

グレインフリーのフードを与えれば、自ずとグルテンフリーになるという安心感もあります。

症状があるときは必ず獣医師に相談

ひどくかゆがる、下痢や嘔吐が多いなど症状があるときは、まずは動物病院を受診しましょう。かきむしった傷から細菌が入ったり、下痢や嘔吐で脱水症状を起こす危険性もあります。

そしてアレルギーが疑われる場合は、獣医師の指示に従うことが大切です。

まとめ

猫もアレルギーにかかることがあります。ノミや花粉、食物が原因となり、激しいかゆみなど皮膚症状のほかに、下痢や嘔吐など消化器症状を引き起こすこともあります。

食物アレルギーの原因は主にたんぱく質で、小麦など穀物のほかに肉や魚、乳製品のたんぱく質が原因となることもあるので注意が必要です。特に穀物アレルギーが心配な場合は、グレインフリーのフードを与えるといいでしょう。

参考資料

一般社団法人 日本アレルギー学会「アレルギーを知ろう」

JBVP - 日本臨床獣医学フォーラム 猫の病気「皮膚病」

Grain-Free Cat Food and Gluten-Free Cat Food | PetMD

(5)犬猫のアレルギーと食物アレルギー 小方 宗次 ペット栄養学会誌 2001 年 4 巻 2 号 p. 98-101

犬と猫の栄養学 奈良なぎさ著 緑書房

https://www.vet.cornell.edu/departments-centers-and-institutes/cornell-feline-health-center/health-information/feline-health-topics/food-allergies

キャットフード+(プラス)おすすめのフードを見る
この記事を書いた人
伊藤 悦子(いとうえつこ)
麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。2016年よりライターとして活動中。2019年よりNPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥などの飼育経験があります。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」を飼っています。