【身近な物に潜む重大リスク!】猫が口にすると危険なもの

猫にとって危険な食べ物は?植物やサプリ、アロマも要注意!

うちの猫は外に出ないから安心と思っていませんか?実は家の中にも猫にとって危険なものがたくさんあります。

飼い主さんは大切な猫を守るためにも、何が危険なのか、どのようなことに気を付ければよいか知っておきましょう。

猫に与えると危険な食べ物

食事中、猫におねだりされると「ちょっとくらいいいかな」と与えたくなるかもしれません。しかし人間には害がなくても、猫が食べると中毒や体調不良を生じる食品があります。猫が好む魚介類や肉類も含まれるので気を付けましょう。

生の魚介類

基本的には魚介類を「生」で食べさせることはやめましょう。寄生虫感染のリスクも高まります。

甲殻類(エビ・カニ)・イカ・タコ・貝類(ハマグリ、アサリなど)魚(コイ、ニシンなど)

原因:チアミナーゼ

症状:食欲不振、成長不良、けいれん、運動機能障害

生の甲殻類・イカ・タコ、貝類に含まれる「チアミナーゼ」が「チアミン(ビタミンB1)」を分解してしまいます。哺乳動物は体内でチアミンを生成できないため食事から摂る必要がありますが、特に猫には要求量が高いビタミンです。

チアミンが不足すると、食欲不振や成長不良、けいれん、運動機能障害などが生じることがあります。

「イカを食べると猫が腰を抜かす」とよく言われますが、これは単なる迷信ではなくチアミン欠乏でふらつく様子からきているようです。

たとえ加熱しても甲殻類やイカ、タコ、貝は消化器官の負担になります。乾物のスルメなども消化不良を起こしやすいので与えないようにしましょう。

アワビなどの貝類

原因:ピロフェオフォルバイドa

症状:光線過敏症

アワビなど貝類の内臓(ツノワタ)に含まれるフェオフォルバイドaは、光線過敏症を引き起こします。アワビを食べて日光に当たることで生じるもので、「アワビを食べると猫の耳が落ちる」という説はここからきています。

生の肉類

生肉にはさまざまなリスクがあります。

生の獣肉(鶏、豚、牛、馬、鹿、猪など)

原因:サルモネラ、病原性大腸菌など細菌、トキソプラズマ、アニサキスなどの寄生虫

症状:感染による嘔吐、下痢、食欲不振など

「猫は完全肉食動物だから生でも大丈夫」「与えると喜ぶ」と思うかもしれません。しかしどんなに新鮮でも、市販の生肉は細菌や寄生虫感染の恐れがあります。

トキソプラズマは人獣共通感染症。猫が感染すると飼い主さんも感染するリスクがあります。また生肉を食べた後の猫に舐められた手を洗わずにそのまま食べ物を口にすると、飼い主さん自身病原性大腸菌O157 などに感染するかもしれません。お肉をご飯に取り入れる場合は十分に加熱してから与えましょう。

加熱した鶏の骨

原因:縦に裂けた骨

症状:口や消化管などのケガ

加熱した鶏の骨は、力を入れると縦に裂けます。尖った先端が、猫の口や喉などを傷つける恐れがあるので与えないでください。

野菜・果物

野菜や果物の中にも猫にとって危険な食べ物があります。

ネギ類

原因:有機チオ硫酸化合物

症状:溶血性貧血、下痢、嘔吐、下痢、頻脈など

玉ネギ、長ネギのほか、アサツキ、ニンニク、ワケギ、ラッキョウなども同様に危険です。加熱しても毒性は変わりません。味噌汁やスープに入ったネギ類を取り除いても、汁にエキスが溶けだしているため注意が必要です。

ブドウ・レーズン

原因:原因物質は未解明

症状:嘔吐、下痢、食欲不振、急性腎不全など

中毒の報告は犬だけですが、猫についても危険性が指摘されています。ぶどうジュースやワイン、レーズンパン、アイスも危険です。

アボカド

原因:ペルシン

症状:嘔吐、下痢など

アボカドの葉、皮、実などに含まれるペルシンという成分が、嘔吐や下痢を引き起こすと考えられています。

その他の食品

チョコレート

原因:テオブロミン

症状:嘔吐、下痢、けいれん、興奮、血圧上昇、発熱など

猫はチョコレートに含まれるテオブロミンの分解に時間がかかります。チョコレートケーキやココア、チョコチップクッキーもリスクがあります。「チョコは甘いから猫は興味がないはず」と油断しないようにしましょう。

コーヒー・紅茶・緑茶など

原因:カフェイン

症状:嘔吐、下痢、けいれん、興奮、血圧上昇、不整脈など

テオブロミンと同様、カフェインの分解にも猫は時間がかかります。飲みかけのコーヒーなどを放置しないように気を付けてください。茶葉も危険です。

お酒すべて

原因:アルコール

症状:嘔吐、運動障害、低体温など

猫の肝臓にはアルコール分解酵素がないため、なめるだけでも危険です。酵母はエタノールを副産物として生産するので、発酵するパン生地やピザ生地なども注意しましょう。

キシリトール

原因:インシュリンの大量放出

症状:低血糖、嘔吐、無気力など

猫がキシリトールを口にすると、インシュリンが大量に放出され低血糖に陥ります。人間用のデンタルケア製品や、お菓子など身近な食品に使用されているので注意が必要です。

半生タイプのドッグフード

原因:プロピレングリコール

症状:溶血性貧血など

半生タイプのドッグフードには保湿剤としてプロピレングリコールが入っていることがあります。犬にとっては無害ですが、猫は溶血性貧血を起こす恐れがあり危険です。

生卵

原因:アビジン

症状:皮膚疾患

生卵の卵白に含まれるアビジンという酵素はビタミンの一種ビオチンを分解します。また生卵はサルモネラ菌などのリスクがあります。日本の卵は衛生管理が徹底されていますが、加熱して与える方が安全です。

加工食品

原因:塩分

症状:腎臓、心臓の負担

ちくわ、はんぺん、かまぼこ、ウインナーなど魚や肉でできた加工食品は、塩分や添加物が多く含まれています。猫が欲しがっても与えないようにしましょう。

香辛料

原因:唐辛子、胡椒、わさびなど刺激物

症状:嘔吐、下痢、肝臓障害など

香辛料は猫にとって刺激が強すぎます。

注意が必要な食品

ただちに害はないものの、たくさん与えることでリスクが高まる食品もあります。

カツオ・マグロ・サバなど青魚

原因:不飽和脂肪酸「DHA」や「EPA」の過剰摂取とビタミンE不足

症状:黄色脂肪腫(イエローファット)。

青魚をたくさん食べすぎると、黄色脂肪腫のリスクが高まります。腹部などの皮下脂肪がしこりになり炎症を起こす病気です。痛みでうまく歩けなくなったり、食欲が低下して元気がなくなります。

青魚は茹でたものを、月に一度程度ほんの少し与える程度にします。魚ばかり食べさせるのではなく、良質なキャットフードを与えましょう。

レバー

原因:ビタミンAの過剰摂取

症状:肝臓障害、繁殖機能低下、関節の異常など

キャットフードにはすでにビタミンAが含まれています。レバーを好む猫は多いため、与えすぎに注意しましょう。

生のほうれん草

原因:シュウ酸

症状:シュウ酸カルシウム尿石症のリスク

生のほうれん草には、シュウ酸カルシウム尿石症の原因となるシュウ酸が多量に含まれています。ゆでることでほとんどのシュウ酸を取り除くことは可能です。

海苔・煮干し・かつおぶし

原因:マグネシウム

症状:ストルバイト尿石症のリスク

海苔や煮干し、かつおぶしはマグネシウムが豊富な食品です。食べすぎは尿路疾患のリスクが高まります。

猫に危険な植物

猫にとって危険な植物は意外とたくさんあります。猫が過ごす部屋には、観葉植物や花は飾らない方がいいでしょう。

ユリ科全て(観賞用ユリ、カサブランカ、テッポウユリ、オニユリ、ヤマユリ、チューリップ、ヒヤシンスなど)

原因:原因物質は不明

症状:嘔吐、食欲不振、腎不全、最悪の場合死亡

観賞用のユリは致死性があります。花弁、花粉、葉、茎だけでなく、活けた水も危険です。ユリ科の植物は飾らないようにしましょう。庭に植えている場合は、猫を出さないようにします。

サトイモ科観葉植物(ポトス、フィロデンドロン、ディフェンバキアなど)

原因:シュウ酸カルシウム

症状:皮膚炎、胃腸障害、口内炎

サトイモ科の観葉植物は、皮膚や粘膜に刺激を与える成分「シュウ酸カルシウム」が含まれています。特にポトスは世話がしやすく、水に差すだけで簡単に増やすことができる身近な植物ですが、それ故に注意が必要です。

そのほか猫にとって危険な植物としてアサガオ、アジサイ、キョウチクトウ、シャクナゲ、水仙、スズラン、ポインセチア、ランタナなどがあります。

人間用のサプリメント・薬

人間のサプリメントや薬も、猫にとって危険です。

α-リポ酸サプリメント

原因:α-リポ酸(チオクト酸)

症状:興奮、食欲不振、肝障害、最悪の場合死亡

抗酸化、疲労回復などを目的としたサプリです。猫が食べると、急性肝臓障害を起こす危険性があります。

一見害のなさそうなビタミンなどのサプリも、人間用に成分を調節しているので猫には与えないでください。人間の鎮痛薬、イブプロフェンやアスピリン、アセトアミノフェンも猫には大変危険です。

アロマ

リラックスのために炊くアロマは、猫にとってあまりよくないと言われています。

アロマオイル

原因:猫の肝臓に代謝機構「グルクロン酸抱合」がないため

症状:肝臓の数値悪化

アロマは植物由来の香料やエッセンシャルオイル(精油)を、アルコールやフェノールで希釈したものです。猫は完全肉食動物であり植物を摂取することがほとんどないため、肝臓で植物成分を代謝する「グルクロン酸抱合」がありません。そのため植物由来のアロマも代謝できないと考えられています。

どのアロマが安全か危険かはっきりとわかっていないので、猫がいる部屋ではアロマは焚かないほうが安心です。

化粧品

香水

原因:揮発油を含む香料エキス

症状・肝臓や腎臓障害、興奮、運動失調、血尿など

猫は人に比べ嗅覚も鋭いです。猫と過ごす際は香水の使用を避けましょう。

その他

エチレングリコール不凍液

原因:エチレングリコール

症状:脱力、嘔吐、下痢、運動失調、脱水症状、昏睡など。最悪の場合は死亡

エチレングリコールは保冷剤や車の不凍液などに使用されています。犬猫とも危険ですが、猫は特に感受性が高く早めの治療が必要です。夏場、猫に保冷剤を使う場合は必ず成分を確認してください。

飼い主さんが注意すること

猫は好奇心旺盛な動物です。猫が危険なものを食べたり触れることがないように、飼い主さんはさまざまなことを注意し対策をとる必要があります。

食事をねだる猫はケージに入れる

食事中猫がねだってくる、留守番中にいたずらするという場合はケージに入れましょう。猫が好きなフードやおやつを与え「ケージはいいところ」と認識させることがポイントです。

片付ける場所を工夫する

猫は高いところにも軽々とのぼり、ふたや扉も器用に開けてしまうことがあります。危険な食品や薬は、猫が開けられない容器にしまうなどの工夫が必要です。

ゴミ箱はロック付き

猫が好奇心からゴミの中をあさって誤食しないためにも、ふたにロックがついているゴミ箱がおすすめです。

植物は飾らない

観葉植物や花は基本家の中には飾らない方が安全です。「どうしても飾りたい」という場合は猫が入れない部屋に飾るか造花などで代用しましょう。

猫がもし食べてしまったらすぐ動物病院へ

猫が危険なものを食べたときは、すぐ動物病院に連絡して指示に従います。食べた残りや成分がわかる容器、嘔吐物や便を動物病院に持って行けるよう準備しましょう。塩水などを飲ませ、飼い主さんが無理に吐かせるのは大変危険です。

原因がわからないのに具合が悪い場合も、気づかないうちに誤食誤飲をした可能性があります。早めに動物病院を受診してください。

大切な猫を守れるのは飼い主さんだけ。食事や家の環境を見直し、危険があれば改善しましょう。

参考資料

「禁忌食 (その1) —タマネギなどのネギ属とイヌ・ネコの健康」大島 誠之助, 左向 敏紀  ペット栄養学会誌 2011 年 14 巻 2 号 p. 103-104

「禁忌食(その4 )—魚介類(チアミナーゼ)」左向 敏紀, 大島 誠之助 ペット栄養学会誌 2014 年 17 巻 1 号 p. 44-45

People Foods to Avoid Feeding Your Pets | ASPCA

「ペット栄養管理士コーナーペットにおける畜肉の生食の危険性について―公衆衛生学の観点から―」渡辺 隆之 ペット栄養学会誌 2009 年 12 巻 1 号 p. 32-37

「異物&誤食 緊急時における中毒の対応および知っておくべき中毒物質」GO-VET 2017年issue01

「犬・猫が中毒を起こす有毒植物・家庭用品一覧表」CAP 2013年3月

犬や猫が食べてはいけないもの | 健康と予防 | ペット | その他情報提供|公益社団法人 栃木県獣医師会 (tochigi-vet.or.jp)

公益社団法人 埼玉県獣医師会 「αリポ酸は猫には大変危険です」

Trending Now: Are Essential Oils Dangerous to Pets? | ASPCApro

「ネコにおけるエチレングリコール中毒の集団発生」佐藤 れえ子ほか 日本獣医学会誌 1986 年 39 巻 12 号 p. 769-773

日本獣医学会のQ&A- アロマオイルは犬猫に有害ですか? (jsvetsci.jp) 

キャットフード+(プラス)おすすめのフードを見る
この記事を書いた人
伊藤 悦子(いとうえつこ)
麻布大学獣医学部環境畜産学科(現・動物応用科学科)出身。ペット栄養管理士・家畜人工授精師(牛)資格所持。動物医療発明研究会会員。2016年よりライターとして活動中。2019年よりNPO法人「NEWSつくば」記者。犬は5匹、猫は6匹の他にモルモットやセキセイインコ、文鳥などの飼育経験があります。現在は17歳になる茶トラの猫「りんごちゃん」を飼っています。