医療レーザー脱毛とサロン光脱毛の違いとは?それぞれの特徴や効果が出るまでの回数を徹底比較!

初めて脱毛を検討している人にとって悩みがちなのが、「医療レーザー脱毛」と「サロン光脱毛」、どちらを選択するかという問題。

同じ「脱毛」という施術を提供していても、両者にはさまざまな「違い」が存在します。

そこで今回は、「医療レーザー脱毛」と「サロン光脱毛」について

・サロン光脱毛の特徴

・サロン脱毛のメリット・デメリット

・医療レーザー脱毛の特徴

・医療脱毛のメリット・デメリット

・サロン光脱毛と医療レーザー脱毛の比較

・サロン光脱毛と医療レーザー脱毛どちらを選ぶべき?

・おすすめサロン5選

・おすすめクリニック5選

以上8つの角度から解説していきます。

ぜひ、サロン選びやクリニック選びの参考にしてくださいね!

サロン光脱毛の特徴

  サロン光脱毛とはサロンが提供する「光脱毛」の施術のことを表し、光脱毛は別名「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます。

ここからは

・エステティックサロン、脱毛サロンとは?

脱毛サロンが提供するフラッシュ脱毛の特徴

以上2つについて解説していきます!

エステサロン・脱毛サロンとは?

 エステサロンとは「美容機器」や「化粧品」などを使用し、スキンケア(ファイシャル)や脱毛、痩身、リラクゼーションなど美容に関する施術を提供するお店(運営会社)のことを言います。

エステサロンでは美容に関する幅広い施術が受けられますが、その中でも「脱毛」の施術のみに特化したサロンを「脱毛(専門)サロン」と呼びます。

TVCMや電車、ネット広告でよく見かけるエステサロンは、脱毛に特化した「脱毛サロン」であることが多いです。

サロンが提供するフラッシュ脱毛の特徴

脱毛サロンが提供する「フラッシュ脱毛」は別名「美容ライト脱毛」と呼ばれ、肌に優しく痛みが少ないという特徴があります。

フラッシュ脱毛と呼ばれる理由は、「キセノンフラッシュランプ」と呼ばれるランプで作られた「光」をお肌に当てるから。

フラッシュ脱毛は制毛・抑毛・減毛を目的としており、ムダ毛の「黒い色」に吸収される「光」を肌に当てながら施術が行われます。 

肌に「光」が当たると毛穴の奥で「熱」が発生して毛の成長組織が「ダメージ」を受け、施術回数を重ねるうちに毛が減っていくのを実感できます。

フラッシュ脱毛の種類

実はフラッシュ脱毛は1種類ではなく、いくつかの種類が存在します。

フラッシュ脱毛がいくつか存在する理由は、各サロンによって導入する「脱毛機器」が異なるから。

脱毛機器に搭載されたテクノロジーによって、フラッシュ脱毛の呼び方が変わります。

ここからは脱毛サロンでよく見かける4種類のフラッシュ脱毛をご紹介いたします。

IPL脱毛

脱毛サロンの中で最も多く採用されているIPL脱毛。

IPLとはインテンス・パルス・ライトと読み、「キセノンフラッシュランプによる光」という意味をあらわします。

ムダ毛の一番奥にある「毛乳頭」と呼ばれる箇所に熱ダメージを与えるため、脱毛効果を発揮するには比較的高い熱エネルギーを必要とするのが特徴。

このため、肌に優しい脱毛法として知られるフラッシュ脱毛の中では熱エネルギーが高く、両ワキやVIOなど黒い毛が密集した箇所では輪ゴムではじかれたような痛みを感じることがあります。

「太くて黒い毛」に対する効果が高い反面色が薄い「産毛」は効果が出にくく、脱毛効果を実感するまで施術回数が増えやすい傾向があります。

  IPL脱毛(波長:550~1200程度)
太く黒い毛への効果 ★★★★★

とても高い

細く色が薄い毛への効果 ★★☆☆☆

やや苦手

施術時の痛みの大きさ 中程度の痛み

★★★☆☆

適した肌の色 白い肌~普通肌(白い肌>普通肌)

★★☆☆☆

※日焼け肌はNG

光が届く毛への深さ 浅い毛~一番深い毛

 

S.S.C脱毛

ミュゼプラチナム、脱毛ラボなど一部のサロンで採用されているS.S.C脱毛。

SSC脱毛(スムース・スキン・コントロール・メソッド)はイタリアのDEKA(デカ)社が日本人向けに開発した脱毛方法で、毛穴の奥で「熱ダメージ」を発生させ、かつ抑毛成分(尿素、サリチル酸など)を浸透させることで脱毛効果を生み出します。

「クリプトンライト」と呼ばれるランプを使用するS.S.C脱毛ですが、「キセノンフラッシュランプ」と同様ムダ毛の「黒い色」に吸収される光の波長が含まれており、脱毛効果や施術時の痛み、適した肌の色において、IPL脱毛との間に大きな違いはありません。

  S.S.C脱毛(波長:550~1400nm)
太く黒い毛への効果 ★★★★★

とても高い

細く色が薄い毛への効果 ★★☆☆☆

やや苦手

施術時の痛みの大きさ 中程度の痛み

★★★☆☆

適した肌の色 白い肌~普通肌(白い肌>普通肌)

★★☆☆☆

日焼け肌はNG

光が届く毛への深さ 浅い毛~一番深い毛

SHR脱毛

SHR脱毛という名前は、実は「英語」に由来します。

英語で「Hair Removal(毛を取り除く)」と表現される「脱毛」ですが、この表現が転じて、従来から提供されてきた脱毛法をHR脱毛[※2]、そして新しく開発された脱毛法を「SHR(Super  Hair Removal)脱毛として区別するようになりました。

2HR脱毛とは、従来からの施術方法であるIPL脱毛SSC脱毛のことを指します。

 

特別な脱毛法に見えるSHR脱毛ですが、ムダ毛の「黒い色」を活用して「熱」を発生させるという仕組みは、HR脱毛と同じ。

SHR脱毛もHR脱毛と同様脱毛機にはキセノンフラッシュランプが搭載されており、「光」をムダ毛の「黒い色」に吸収させて「熱」を発生させ、毛の成長組織に「ダメージ」を与えます。

  SHR脱毛(波長:650~950nm)
太く黒い毛への効果 ★★★★☆

高い

細く色が薄い毛への効果 ★★★★☆

高い

施術時の痛みの大きさ ★★★★★

無痛~軽い痛み

適した肌の色 白い肌~日焼け肌

★★★★★

光が届く毛への深さ 浅い毛~一番深い毛
HR脱毛とSHR脱毛の違い

 HR脱毛(IPL脱毛やSSC脱毛)とSHR脱毛の違いは主に以下の2つです。

①熱エネルギーを送る方法

②熱ダメージを与える箇所

①熱エネルギーを送る方法

高い熱エネルギーを1点に集中させて送り込むHR脱毛では、1本の毛に対して発射される光は1発のみ。

しかし、SHR脱毛弱い熱エネルギーを複数回に分けて連続照射するため、1本の毛に対して何度も光が発射されます。

光をあてた瞬間、毛穴の温度が一気に急上昇するHR脱毛と比べ、緩やかに毛穴の温度が上昇するのがSHR脱毛の特徴。

このような少しずつ熱を蓄熱していく仕組みから、SHR脱毛は別名「蓄熱式脱毛」とも呼ばれます。

熱式脱毛はHR脱毛と比べて、さらに施術時の痛みが軽く、肌への負担も少ないことが特徴。

火傷のリスクも低く、白い肌~日焼けした肌まで幅広い肌の色に施術できます。

 

②熱ダメージを与える箇所

実はHR脱毛とSHR脱毛では熱ダメージを与える箇所が異なります。

強い熱エネルギーを一点に集中させて送り込むHR脱毛のターゲットは、ムダ毛の一番奥にある「毛乳頭(※3)」。

毛乳頭に熱ダメージを与えることで毛の成長を抑制し、今後毛が生えにくくします。

一方弱い熱エネルギーを連続照射させて送り込むSHR脱毛のターゲットは、ムダ毛の中間くらいの深さにある「バルジ領域(※4)」。

じっくりとバルジ領域に熱ダメージを与えることで毛の成長を抑制し、今後毛が生えにくくします。

※3:毛乳頭は毛細血管から運ばれてくる酸素や栄養素を毛に受け渡す役割を持つ箇所。毛乳頭がダメージを受けた毛乳頭から栄養不足になった毛が抜け落ち、今後毛が生えにくくなっていく。

※4:バルジ領域は将来「毛」になる毛包幹細胞が作られる箇所。未熟な毛包幹細胞が熱ダメージを受けることで、今後毛が生えにくくなっていく。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛もSHR脱毛同様、バルジ領域に熱ダメージを与える脱毛法。

これから生えてくる毛にアプローチすることで、毛の成長を抑制し、毛を生えにくくします。

弱い熱エネルギーを使用するので、痛みが少なく肌に優しいのが特徴。

子供でも受けられる脱毛法として注目を集めています。

  ハイパースキン脱毛(波長:575~1080nm)
太く黒い毛への効果 ★★★☆☆

効果あり

細く色が薄い毛への効果 ★★★☆☆

効果あり

施術時の痛みの大きさ ★★★★★

無痛~軽い痛み

適した肌の色 白い肌~日焼け肌

★★★★★

光が届く毛への深さ 浅い毛~一番深い毛

サロン脱毛のメリット

サロンでフラッシュ脱毛をするとどんなメリットがあるのでしょうか?逆にデメリットはないのでしょうか?

ここからはサロン脱毛におけるメリットを5つご紹介します。

メリット①:施術時の痛みが少ない

サロンの光脱毛の特徴として、医療レーザー脱毛よりも施術時の痛みが少ないことが挙げられます。

光脱毛の施術時の痛みが少ないのは、熱エネルギーが低いからです。

熱エネルギーが低い分痛みも少ないので、日常生活の中で気軽に施術に通うことができます。

メリット②:肌への負担が少ない

サロンの光脱毛は熱エネルギーが低いので、毛穴の中で発生した熱で肌に反応が出ることはほとんどありません。

熱エネルギーが低い分安全性も高いため、肌トラブルを心配せずに施術ができます。

メリット③:キャンペーンで手軽に脱毛を始められる

サロンの公式ホームページを見たことがある人なら、大々的に宣伝されたトライアルプランキャンペーンプランを目撃したこともあるでしょう。

実際、ワンコインで通えるお手軽さに惹かれてサロンを選ぶ人はたくさんいます。

価格が安く手軽に脱毛を始められるのがサロン脱毛のメリットと言えるでしょう。

メリット④:店舗数が多く通いやすい

脱毛サロンの特徴として、全国に多くの店舗を展開していることが挙げられます。

多いサロンでは50~100店舗にも及ぶところもあります。

店舗数が多いということで、自宅や勤務先の近くに店舗を見つけられる可能性が高くなります。

仕事帰りや買い物帰りなど日常生活の中で気軽に通えることがサロン脱毛のメリットになります。

メリット⑤:脱毛だけでなく美肌ケアも充実している

光脱毛を提供するサロンでは、施術前後の美肌ケアに力を入れているところが多いです。

美肌ケアの内容は、美容成分が配合されたジェルを施術前に塗ったり、施術後に保湿成分が含まれたトリートメントをするといったもの。

光を照射した後の肌は乾燥しやすくなっているため、しっかり美肌ケアをすることで肌トラブルを予防し、脱毛効果を高めることができます。

脱毛サロンのデメリット

次に脱毛サロンのデメリットを3つご紹介いたします。

デメリット①:施術で得られる効果は「制毛・抑毛・減毛」であり、永久脱毛ではない

肌に優しく痛みが少ないサロンの光脱毛ですが、デメリットがないわけではありません。

脱毛の施術は毛穴の奥で発生させた「熱」によって「毛の成長組織」に「ダメージ」を与える仕組み。熱エネルギーが低いとその分脱毛効果も下がってしまいます。

根気強く施術回数を重ねることで「毛が減った」「毛が細くなった」など脱毛効果を実感できますが、それはあくまで抑毛・制毛・減毛の範囲内。

頑張って満足するまでサロンに通い詰めても、施術から数年後毛が復活してくる可能性があることを知っておきましょう。

デメリット②:脱毛効果を実感するまでに多くの施術回数・期間が必要

サロンの光脱毛は熱エネルギーが低いので、脱毛効果を実感するまでに多くの施術回数や期間を必要とします。 

脱毛に通うのを辞めてもいいと感じるまで、クリニックより長くサロンに通う必要があることは知っておきましょう。

デメリット③:万が一肌トラブルが起きたら、自分で医療機関を探して受診する必要がある

熱エネルギーが低いサロンの光脱毛で肌トラブルが起きることはほとんどありません。

しかし、体調が悪かったり日焼けを隠して施術を受けると、施術後に肌が赤くはれたり、痛みを伴うなどの肌トラブルが起きることがあります。

専門のクリニックと医療提携し、ドクターサポートを完備している脱毛サロンもありますので、選ぶ際にチェックしてみてください。

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛とはクリニックが提供する脱毛の施術のことを表し、「医療脱毛」「レーザー脱毛」と呼ばれることもあります。

ここからは

・クリニック、脱毛クリニックとは?

・クリニックが提供する医療レーザー脱毛の特徴

以上2つについてご紹介していきます。

クリニック・脱毛クリニックとは?

クリニックとは入院ベッド数が20床以下の小規模な医療機関のこと。

命に関わらない軽い病気やけがなどを治療する役割があり、「内科」や「皮膚科」、「歯科」、「外科」などさまざまな科が存在します。

これらさまざまな科のうち「脱毛」の施術が受けられるのは、「一般皮膚科」、「美容皮膚科」、「美容外科」を標ぼうするクリニック。

掲げる科目によって治療内容は異なりますが、例えば美容皮膚科では脱毛以外に、毛穴の開き、黒ずみ、しわやたるみなど、幅広い「美肌治療が受けられます。

これらのクリニックのうち脱毛の施術のみを提供するクリニックを「脱毛(専門)クリニック」と呼びます。

クリニックが提供する医療レーザー脱毛の特徴

クリニックが提供する「医療レーザー脱毛」は強力な熱エネルギーが持ち味で、高い脱毛効果が期待できます。

医療レーザー脱毛と呼ばれる理由は、「医療」機関であるクリニックが鉱石や宝石、半導体で作られた「レーザー」をお肌にあてるから。

医療レーザー脱毛は「永久脱毛(※5)」を目的としており、ムダ毛の「黒い色」に吸収された「レーザー」が高い「熱エネルギー」を発生させ、毛穴の奥にある毛の成長組織を「破壊します。

※5:永久脱毛とは米国FDA(日本の厚生労働省にあたる政府組織)による基準によると、レーザーを3回照射した後、6か月経過しても67%(およそ2/3程度)の毛が減った状態を維持できていることを指す。

このため、レーザーを一度照射した後の毛穴からは今後、「半永久的」に毛が生えなくなります。

レーザーの種類

サロンと同じく、クリニックのレーザー脱毛にもいくつかの種類が存在します。

レーザー脱毛にいくつかの種類が存在するのは、クリニックによって導入する「脱毛機器」が異なるから。

脱毛機器によって「熱エネルギーの送り方」や搭載される「レーザーの種類」が違うため、レーザー脱毛の呼び方が変わってきます。

ここからはクリニックでよく見かける「6種類のレーザー脱毛」についてご紹介していきましょう。

アレキサンドライトレーザー

クリニックが使用する3種類(アレキサンドライト、ダイオード、YAG)のレーザーのうち、最もムダ毛の「黒色」への吸収に優れているのがアレキサンドライトレーザー

太くて黒い毛への効果が高く、毛の色が濃い「両ワキ」や「ひざ下」などの施術に適しています。

しかし、その反面肌表面にある「黒い色素(メラニン)」にも熱が発生しやすく、火傷のリスクから日焼けした肌には施術ができません。

また毛の色が薄い「産毛」や「軟毛」に対しては熱エネルギーが不足しやすいため、脱毛効果を実感するまでの施術回数が増えます。

  アレキサンドライトレーザー(波長:755nm)
太く黒い毛への効果 ★★★★★

とても高い

細く色が薄い毛への効果 ★☆☆☆☆

苦手

施術時の痛みの大きさ ★★★☆☆

中程度の痛みあり

適した肌の色 白い肌~普通肌(白い肌>普通肌)

★★☆☆☆

※日焼け肌はNG

レーザーが届く毛への深さ 浅い毛
主な脱毛機 ・ジェントルレーズ

・ジェントルレーズプロ

熱破壊式ダイオードレーザー

クリニックが使用する3種類(アレキサンドライト、ダイオード、YAG)のレーザーのうち、2番目に「黒色」に吸収されやすいダイオードレーザー

アレキサンドライトレーザーより肌深くまで熱エネルギーが届き、かつアレキサンドライトレーザーほど肌表面の「黒い色(メラニン)」の影響を受けません。

このため、ダイオードレーザーでは太くて黒い毛から細い産毛までバランスよく脱毛効果が期待できます

  熱破壊式ダイオードレーザー(波長:810nm)
太く黒い毛への効果 ★★★★☆

高い

細く色が薄い毛への効果 ★★★☆☆

効果あり

施術時の痛みの大きさ ★★★☆☆

中程度の痛みあり

適した肌の色 白い肌~普通肌(白い肌<普通肌)

★★★☆☆

※日焼け肌はNG

レーザーが届く毛への深さ 中くらいの深さの毛
主な脱毛機 ・ライトシェア

・ライトシェアデュエット

・ライトシェアデザイア

・ベクタス

・クリスタルプロ

1台の脱毛機で「熱破壊式」と「蓄熱式」の切り替えが可能

蓄熱式ダイオードレーザー

レーザー脱毛において初めて蓄熱式(SHR)脱毛に使用されたのは、ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは適度に「黒い色」への吸収されやすく、肌の「中間」の深さに届くという特徴から、毛穴の「中間」の深さにあるバルジ領域にじっくりと熱を蓄熱するのに向いています。

弱い熱エネルギーでじっくり蓄熱することで施術時の痛みが軽減され、白い肌から日焼け肌まで幅広い肌の色に施術が可能に。

また、安定して熱エネルギーを送れるため、色が薄い産毛に対しても効果を期待できるようになりました。

また、安定して熱エネルギーを送れるため、色が薄い産毛に対しても効果が落ちにくくなりました。

  蓄熱式ダイオードレーザー

(波長:810nm)

太く黒い毛への効果 ★★★★☆

高い

細く色が薄い毛への効果 ★★★★☆

高い

施術時の痛みの大きさ ★☆☆☆☆

無痛~軽い痛み

適した肌の色 白い肌~日焼け肌

★★★★★

レーザーが届く毛への深さ 中くらいの深さの毛
主な脱毛機 ・クリスタルプロ

・デピライト

・ソプラノXL

・メディオスターNEXT PRO

YAGレーザー

クリニックが使用する3種類(アレキサンドライト、ダイオード、YAG)のレーザーのうち最も「黒色」に吸収されにくいYAGレーザー

しかし、その分肌表面の「黒い色(メラニン)」の影響を受けにくく、日焼けした肌や色素沈着部位(※6)でも施術をすることができます。

 ※6:デリケートゾーン(VIO)など摩擦によってメラニン(黒い色素)が沈着している部位のこと。

 

また、3種類のレーザーのうち最も肌の奥深くまで届くため、根深いところから生えているヒゲ脱毛やVIO脱毛において効果を発揮します。

  YAGレーザー

(波長:1064nm)

太く黒い毛への効果 ★★★☆☆

効果あり

細く色が薄い毛への効果 ★★☆☆☆

やや苦手

施術時の痛みの大きさ ★★☆☆☆

強い痛み

適した肌の色 白い肌~日焼け肌(普通肌<日焼け肌)

★★★★★

レーザーが届く毛への深さ 一番深い毛
主な脱毛機 ・ジェントルヤグ

・ジェントルヤグプロ

アレキサンドライトレーザー×YAGレーザー

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザー、それぞれのレーザーを搭載した脱毛機を1台ずつ用意して組み合わせることも可能ですが、最近は1台の脱毛機で両方のレーザーを照射できる機種も開発されています。

このため、肌の色や毛の生え方に合わせ、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーを切り替えたり、または同時照射して施術を行うことができるようになりました。

2種類のレーザーを使い分けることで白い肌から日焼けした肌まで、そして浅い毛から根深い毛まで幅広く効果が期待できます。

  アレキサンドライトレーザー

(波長:755nm)

YAGレーザー

(波長:1064nm)

太く黒い毛への効果 ★★★★★

とても高い

細く色が薄い毛への効果 ★★☆☆☆

やや苦手

施術時の痛みの大きさ ★★★☆☆★★☆☆☆

中程度~強い痛み

適した肌の色 白い肌~黒い肌

★★★★★

レーザーが届く毛への深さ 浅い毛~一番深い毛
主な脱毛機 ・ジェントルマックス

・ジェントルマックスプロ

・クラリティツイン

・スプレンダーX

アレキサンドライトレーザー×蓄熱式ダイオードレーザー×YAGレーザー

蓄熱式(SHR)脱毛が開発された当初、ダイオードレーザーのみを搭載する脱毛機が主流でしたが、最近は蓄熱式(SHR)脱毛機も進化し、アレキサンドライトレーザーやYAGレーザーを同時に照射できる脱毛機が増えています。

同じムダ毛でも生えている深さは違うため、さまざまな深さの毛に同時に熱ダメージを与えられるようになりました。

  アレキサンドライトレーザー

(波長:810nm)

蓄熱式ダイオードレーザー

(波長:755nm)

YAGレーザー

(波長:1064nm)

太く黒い毛への効果 ★★★★☆

高い

細く色が薄い毛への効果 ★★★★☆

高い

施術時の痛みの大きさ ★☆☆☆☆

無痛~軽い痛み

適した肌の色 白い肌~日焼け肌

★★★★★

レーザーが届く毛への深さ 中くらい

の深さの毛~一番深い毛

主な脱毛機 ・ソプラノチタニウム

ソプラノアイス・プラチナム

医療脱毛のメリット

クリニックで医療脱毛をするとどんなメリットがあるのでしょうか?

逆にデメリットはないのでしょうか?

ここからは医療脱毛のメリットを4つご紹介いたします。

メリット①:施術後は半永久的に効果が持続する

医療脱毛のメリットは、なんといっても脱毛効果の持続性が高いこと。

高い熱エネルギーで毛の成長組織を「破壊」するため、基本的にレーザーを照射した毛穴からは半永久的に毛が生えてくることはありません。

「人間の体」に対し二度と元に戻すことができない「破壊的ダメージ」を与えられるのは、クリニックが医療機関だからこそ。

実は「脱毛の施術」は法律上「医療行為」に分類されており、“高い熱エネルギーで毛の成長組織を「破壊」させるような施術は、医師または看護師でなければ行えない”と決められています。

「永久脱毛」を求めて最大限の熱エネルギーで施術できることが医療脱毛の大きなメリットになります。

メリット②:少ない施術回数・短い期間で脱毛を卒業できる

医療脱毛は強い熱エネルギーを使用するため脱毛効果が高く、少ない施術回数、短い期間で脱毛を卒業できます。

実は体にある無数の毛穴のうち、表面に毛が見えている毛穴はおよそ20%程度。

ムダ毛は1~3ヶ月程度の間隔で新しく生え変わるため、この20%の毛を確実に脱毛できれば、理論上最短5回(20%×5回で100%)ですべての毛穴にレーザーを照射して脱毛を卒業できます

2ヶ月に1度のペースで通えば脱毛を卒業できるまでの期間はおよそ8ヶ月。

なるべく早く脱毛を卒業したいと考える人にとって、医療脱毛は頼もしい味方になってくれるでしょう。

メリット③:医師や看護師など国家資格保有者から施術が受けられる

医療脱毛は医療行為に該当するため、施術は医師または医師が監督する看護師が行わなければいけません。

医師や看護師と言えば、体の構造や病気について専門的に学んだエキスパート。

脱毛のリスクや影響を熟知した人から施術やアドバイスが受けられるため、安心感が違います。

メリット④:万が一肌トラブルが起きてもその場で速やかに治療が可能

医療脱毛はクリニックという医療機関で提供されるため、万が一肌トラブルが起きてもその場で治療が可能

施術による肌トラブルは無料で治療してくれるクリニックも多く、万が一の場合も追加の費用はかかりません。

医療脱毛のデメリット

次に医療脱毛のデメリットを5つご紹介いたします。

デメリット①:熱エネルギーが高い分痛みを感じやすい

医療脱毛のデメリットとして熱エネルギーが高い分痛みを感じやすいことが挙げられます。

医療脱毛のうち、特に痛みを感じやすいのが熱破壊式(HR)脱毛。

熱エネルギーを1点に集中させて送り込むため、どうしても毛穴の温度が急上昇した瞬間に痛みを感じやすくなります。

医療脱毛の痛みが気になるなら、弱い熱エネルギーを連続で照射する蓄熱式(SHR)脱毛がおすすめ。

また、肌にクリームを塗る「クリーム麻酔」、ガスを吸い込む「笑気麻酔」を利用することでも、痛みを軽減することができます。

デメリット②:熱エネルギーが高い分肌のの負担も大きい

熱エネルギーが高い医療脱毛は、施術後に赤みやむくみ、ヒリヒリ感があらわれることがあります。

このような症状は医療脱毛では正常な反応の範囲内であり、珍しいことではありません。

多くのクリニックでは炎症止め軟膏を処方してくれるので、軟膏を肌に塗りながら様子を見れば、たいてい1日以内に静まります。

熱破壊式脱毛で起こりやすいので、心配な方は熱エネルギーが弱い蓄熱式脱毛を採用した脱毛機を選ぶようにしましょう。

デメリット③:医療行為なので価格を前面に押し出したキャンペーンはNG

意外かもしれませんが、実は医療脱毛を提供するクリニックははサロンのように自由にキャンペーンを打ち出すことができません

自由診療である脱毛の施術は各クリニックで自由に価格を決めらるものの、露骨に安い価格を前面に押し出した広告は「医療行為にふさわしくない」という理由で厚生労働省によって規制されています。

「100円で両わき+Vライン24回通い放題」なんて広告を出せるのも、サロンが厚生労働省の規制の対象外だから。

このため、サロンが公式HPで大々的に宣伝するキャンペーンプランやトライアルプランと比較すると、どうしても医療脱毛が高く見えてしまいます。

デメリット④:施術後の美肌ケアは必要最低限

医療機関であるクリニックでは、サロンのようにリラクゼーションやトリートメントに重きをおいていません。

医療脱毛で提供される施術の一番の目的は、「脱毛して毛を無くすこと」

このため、施術後のアフターケアは炎症止め軟膏の塗布など必要最低限の内容になります。

一方で化粧品やクリームなどの購入を勧められることもないため、勧誘が苦手な方や施術以外に費用をかけたくない方はクリニックの医療脱毛の方が向いています。

デメリット⑤:店舗数が少なく住んでいる地域によっては通いづらい

実は医療脱毛を提供するクリニックには、サロンと比べると店舗数が少ないというデメリットがあります。

クリニックの店舗数が少ない理由は、人材の確保が難しいから。

エステサロンなら2~3ヶ月程度で施術を担当するエステティシャンを養成できますが、クリニックでは医学部、または看護系の学校を卒業し、さらに国が実施する医師国家試験、看護師国家試験に合格していることが求められます。

このため住んでいる地域によっては、遠くまで医療脱毛の施術を受けに足を運ばなければいけない場合があります。

サロン光脱毛と医療レーザー脱毛の比較

これまで、光脱毛と医療レーザー脱毛それぞれのメリットやデメリットをご紹介してきました。

あなたはどちらに魅力を感じましたか?

ここからは光脱毛と医療レーザー脱毛について、

①特徴

②脱毛方法

③メリット・デメリット

④痛み

⑤効果

⑥回数

⑦期間

⑧料金相場

以上8つの視点から比較してみましょう!

「一覧表」を使って一目でわかるように「両者の違い」を整理したので、サロン派なのかそれともクリニック派なのか考えるヒントになるはずです。

  サロン光脱毛 医療レーザー脱毛
特徴 エステティックサロンによる「光」を活用した脱毛法 クリニック(医療機関)による「レーザー」を活用した脱毛法
脱毛方法 ・IPL脱毛

・SSC脱毛

・SHR脱毛

・ハイパースキン脱毛

アレキサンドライトレーザー

・熱破壊式ダイオードレーザー

・蓄熱式ダイオードレーザー

・YAGレーザー

メリット・デメリット ≪メリット≫

施術時の痛みが少なく、肌にも優しい

≪デメリット≫

制毛・抑毛・減毛を目的とした施術だから施術から数年後に毛が生えてくることがある

≪メリット≫

永久脱毛を目的とした施術だから効果の持続期間も長い

≪デメリット≫

施術後赤みやむくみなど肌の反応が起きることがある

痛み 無痛◎~軽い痛み〇 無痛◎~強い痛み×
効果 抑毛・減毛・制毛 永久脱毛
回数 12~18回 5~8回
期間 2年~3年 8ヶ月~1年2ヶ月
料金相場

(顔とVIOを含む全身脱毛で比較)

約30万円(12回)約50万円(18回) 約35万円(5回)約50万円(8回)

サロン光脱毛と医療レーザー脱毛どちらを選ぶべき?

「ここまで読んでみたものの、やっぱりどちらを選択すればいいのかわからない」という人のために、「サロン光脱毛」と「医療レーザー脱毛」について、それぞれおすすめの人の特徴を整理した「チェックリスト」を用意しました。

自分がどちらに多く当てはまるのかチェックしてみてください。

サロン脱毛がおすすめな人

□自己処理の頻度を減らしたい

□ムダ毛を薄く目立たなくしたい

□痛みに弱く、できるだけ痛みが少ない施術を受けたい

□脱毛に興味があるものの、赤みやむくみなどの肌トラブルが心配

□脱毛に加えて美肌ケアも受けたい

□サロンが宣伝している格安プランを試してみたい

□自宅や職場の近くにクリニックがない

医療脱毛がおすすめな人

□産毛や細い毛までしっかり脱毛したい

□せっかく脱毛するなら半永久的に効果が持続して欲しい

□少ない施術回数、短期間で脱毛を卒業したい

□医師や看護師など、国家資格を持つ専門家に施術を担当して欲しい

□万が一肌トラブルが起きた場合、速やかに対処してほしい

おすすめサロン5選

サロン光脱毛に決めたら、次にやるべきことはサロン選び。

ここからはエステサロンの中で特に人気が高いサロンを5つご紹介します。

銀座カラー

全身脱毛+VIO+顔
(6回+無制限メンテナンス付)
317,900円 / 月額:6,600円
全身脱毛+VIO+顔
(6回)
102,300円 / 月額:3,300円
シェービングサービス無料部位:えり足、背中、腰、ヒップ、ヒップ奥
脱毛方式IPL脱毛
脱毛マシンの名称非公開
来店頻度1~3回目まで:約1ヶ月に1回
4回目以降:約2ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短8ヶ月
1回の施術時間約60分
診療時間平日:12:00~21:00
土日祝:10:00~19:00
定休日:不定休

銀座カラーは脱毛し放題で話題のサロン。無期限メンテナンス付きプランを選べば、6回コース終了後同じ費用で満足できるまで何度でも通えます。

手が届かないうなじや背中は無料のシェービング補助サービス付き。当日キャンセルしてもペナルティがないため、スケジュールが変わりやすい人でも安心です。

 
無料カウンセリングを予約する

ストラッシュ

全身脱毛+VIO+顔
(月額制)
月額:4,400円
全身脱毛+VIO+顔
(パックプラン)
6回:105,336円
10回:169,950円
12回:199,980円
18回:288,684円
全身脱毛+VIO+顔
(都度払い)
都度払い:24,178円
※最安時:15,532円
Sパーツ1回:3,025円
2回:6,050円
3回:9,075円
4回:12,100円
5回:15,125円
6回:18,150円
7回:21,175円
8回:24,200円
9回:27,225円
10回:30,250円
11回:33,275円
12回:35,211円
13回:38,146円
14回:41,080円
15回:44,013円
16回:46,948円
17回:49,882円
18回:52,817円
Lパーツ1回:6,050円
2回:12,100円
3回:18,150円
4回:24,200円
5回:30,250円
6回:35,211円
7回:41,080円
8回:46,948円
9回:52,817円
10回:58,685円
11回:64,554円
12回:70,422円
13回:76,291円
14回:82,159円
15回:88,028円
16回:91,696円
17回:99,765円
18回:105,633円
シェービングサービス無料
脱毛方式IPL脱毛+SHR脱毛
(IPL式&SHR式搭載脱毛機)
脱毛マシンの名称非公開
来店頻度2週間~1ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短6ヶ月
1回の施術時間約60分
診療時間日~木:11:00~21:00
金・土:10:00~22:00
定休日:不定休
※店舗によって異なる

ストラッシュはSHR脱毛とIPL脱毛両方を取り入れるサロン。

脱毛機1台でIPLモードとSHRモードを切り替えられるから、肌の色、毛の生え方に合わせて施術ができます。

最短2週間に一度の施術間隔で通え、脱毛料金もサロンの平均以下の金額。

脱毛費用を抑えながら通いたい人に向いています。

 
無料カウンセリングを予約する

キレイモ

全身脱毛+VIO+顔
(回数制プラン)
10回:217,800円 / 月額:4,000円~
15回:308,000円 / 月額:5,000円~
全身脱毛+VIO+顔
(無制限プラン)
396,000円 / 月額:6,000円~
全身脱毛+VIO+顔
(平日とく得プラン)
10回:月額3,000円~
15回:月額4,000円~
無制限:月額5,000円~
全身脱毛+VIO+顔
(お試しプラン)
87,780円 / 月額:3,000円~
全身脱毛+VIO+顔
(U-19応援プラン)
月額:8,690円~
シェービングサービス手の届かない部位は無料
※U-19応援プランの場合は1,100円
脱毛方式IPL脱毛+SHR脱毛
脱毛マシンの名称Piel
NEQST
来店頻度45日に1回
脱毛完了までの期間最短1年程度
1回の施術時間90~120分
※着替え時間を含む
診療時間11:00~21:00(年末年始を除く)
定休日:不定休

キレイモは全身脱毛に特化したサロン。特定のパーツのみを選ぶことはできませんが、顔から足の指まで全身すべてをくまなく施術してもらえます。

無料カウンセリングで両手のハンド脱毛体験ができるので、お試ししてから脱毛を始めたい人にぴったりです。

 
無料カウンセリングを予約する

ラココ

全身脱毛+VIO+顔6回:118,800円 / 月額:3,300円
オーダーメイド脱毛コース50回:118,989円 / 月額:3,300円 / 初月:3,489円
VIOパーフェクト脱毛コース12回:118,800円 / 月額:3,300円
Sパーツ3,300円
Lパーツ5,500円
シェービングサービス手の届かない部位(うなじ・えり足・背中など)は無料
※その他は1部位につき1,000円
脱毛方式SHR脱毛
脱毛マシンの名称LUMIX-A9
来店頻度1ヶ月に1~2回
脱毛完了までの期間最短6ヶ月
1回の施術時間最短20~40分
※カウンセリング、着替え、準備、お肌のケア等の時間は含まない
診療時間平日:10:00~21:30
土日祝:10:00~20:00
定休日:不定休
※店舗によって異なる

ラココは脱毛機メーカー「エストラボ」が運営する脱毛サロン。脱毛機メーカーがプロデュースしたサロンだから、最新のSHR脱毛機(ルミクスA9)が導入されています。

ラココのルミクス脱毛は痛みが少なく、肌の色を問わず施術できるのがメリット。

施術の痛みが不安な方や色素沈着がある方でも、安心して通えます。

 
無料カウンセリングを予約する

脱毛ラボ

全身脱毛
(通い放題プラン)
404,954円
全身脱毛
(56ヶ所月額制プラン)
2,189円
全身脱毛
(54ヶ所回数パック)
6回:175,978円
12回:296,978円
部分脱毛
(28ヶ所回数パック)
6回:140,976円
12回:228,976円
Sパーツ2,200円
Mパーツ3,300円
Lパーツ4,400円
シェービングサービス顔・VIOを含む:1,500円
顔・VIOを含まない:1,000円
脱毛方式SSC脱毛
脱毛マシンの名称M.S.F.T.クリプトン
P.S.クリプトン
クリプトンSEV(通称ラボマシンガン)
来店頻度2週間~4週間に1回
脱毛完了までの期間1年半~2年程度
1回の施術時間60~90分
診療時間10:00~22:00
定休日:不定休

脱毛ラボはSSC脱毛とSHR脱毛2つの脱毛法を取り入れるサロン。

元々はSSC脱毛のみで施術を提供していましたが、SHR脱毛機(ルミクスツイン)を導入することで、SHR脱毛にも対応できるようになりました。

SHR脱毛導入店舗ではSSC脱毛、SHR脱毛どちらも選択可能なので、興味がある人は相談してみると良いでしょう。

 
無料カウンセリングを予約する

おすすめクリニック5選

リゼクリニック

全身脱毛
(VIO+顔除く)
3回:164,800円 / 月額:3,300円
5回:269,800円 / 月額:5,400円
全身脱毛+VIO3回:219,800円 / 月額:4,400円
5回:349,800円 / 月額:7,000円
全身脱毛+顔3回:219,800円 / 月額:4,400円
5回:349,800円 / 月額:7,000円
全身脱毛+VIO+顔3回:259,800円 / 月額:5,200円
5回:399,800円 / 月額:8,000円
シェービングサービス剃り残しのシェービングサービスは無料
レーザーの種類熱破壊式ダイオードレーザー
蓄熱式ダイオードレーザー
YAGレーザー
脱毛マシンの名称ライトシェアデュエット
メディオスターNeXT PRO
ジェントルヤグプロ
麻酔料金クリーム麻酔:3,300円
笑気麻酔:30分3,300円
来院頻度肌の状態に合わせて2~4ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短10ヶ月(全身脱毛5回)
1回の施術時間全身:120分程度
診療時間午前:10:00~14:00
午後:15:00~20:00
※店舗によって異なる

リゼクリニックは脱毛効果とリスクケアに力を入れるクリニック。

脱毛効果を高めるため、HR脱毛、SHR脱毛両方に対応できる脱毛機が揃っています。

肌の色、毛の生え方に合わせ、3種類の脱毛機を組み合わせて施術を行うのも、リゼクリニックならでは。

万が一肌トラブルが起きた場合の治療費は完全無料保証なので、契約後は費用を気にせず通うことができます。

 
無料カウンセリングを予約する

レジーナクリニック

全身脱毛
(VIO+顔除く)
1回:192,500円
5回:207,900円
8回:332,640円
追加1回:48,125円
全身脱毛+VIO1回:231,000円
5回:300,300円
8回:480,480円
追加1回:71,225円
全身脱毛+顔1回:242,000円
5回:313,500円
8回:501,600円
追加1回:74,525円
全身脱毛+VIO+顔1回:278,300円
5回:405,900円
8回:649,440円
追加1回:97,625円
シェービングサービス無料
レーザーの種類アレキサンドライトレーザー
蓄熱式ダイオード+アレキサンドライト+YAGレーザー
アレキサンドライトレーザー+YAGレーザー
脱毛マシンの名称ジェントルレーズプロ
ソプラノアイス・プラチナム
クラリティツイン
※院によって保有する脱毛機の種類が異なる
麻酔料金クリーム麻酔:無料
来院頻度2ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短8ヶ月(全身脱毛5回)
1回の施術時間約60分~90分
診療時間月~金:12:00~21:00
土日祝:11:00~20:00
定休日:なし(年末年始、臨時休診日を除く)

レジーナクリニックはリーズナブルな全身脱毛と手厚いシェービング補助サービスで人気を集めるクリニック。

部位、広さ問わずシェービング補助サービスを受けられるから、万が一そり残しがあっても安心です。

麻酔代も無料なので、麻酔を使用しても追加費用はかかりません。

平日は夜21:00まで営業しているため、仕事帰りに立ち寄れるのも嬉しいポイントです。

 
無料カウンセリングを予約する

アリシアクリニック

全身脱毛
(VIO+顔除く)
4回:176,000円
5回目以降:22,000円
全身脱毛+VIO4回:215,600円
全身脱毛+顔4回:228,800円
全身脱毛+VIO+顔4回:268,400円
シェービングサービス手の届かない部位は無料(うなじ/背中/腰/Oライン)
※剃り残しが多い場合は4,400円
レーザーの種類熱破壊式ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザー+YAGレーザー
蓄熱式ダイオード+アレキサンドライト+YAGレーザー
脱毛マシンの名称ライトシェアデュエット
スプレンダーX
ソプラノチタニウム
麻酔料金クリーム麻酔:1部位1,100円、VIO全体3,300円
※事前申請が必要
来院頻度最短1ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短4ヶ月(全身脱毛4回)
1回の施術時間全身:30分
診療時間11:00~20:00
※池袋院のみ脱毛照射が22時半まで
定休日:店舗によって異なる

アリシアクリニックは30分で終了するスピーディな全身脱毛が話題のクリニック。

施術時間が短いから、手軽に予定を入れることができます。

また、最新の脱毛機を導入しているので、毎月1回の施術が可能。4回の全身脱毛なら、わずか4ヶ月、合計120分で完了します。

 
無料カウンセリングを予約する

フレイアクリニック

全身脱毛
(VIO+顔除く)
1回:173,800円
5回:173,800円 / 月額:5,800円
8回:294,800円 / 月額:10,010円
追加1回:86,900円
全身脱毛+VIO1回:207,900円
5回:267,300円 / 月額:9,000円
8回:435,600円 / 月額:14,850円
追加1回:103,950円
全身脱毛+顔1回:207,900円
5回:267,300円 / 月額:9,000円
8回:435,600円 / 月額:14,850円
追加1回:103,950円
全身脱毛+VIO+顔1回:250,800円
5回:360,800円 / 月額:12,100円
8回:576,400円 / 月額:19,690円
追加1回:125,400円
シェービングサービス自身で処理することできない部分のみ無料
レーザーの種類蓄熱式ダイオードレーザー
脱毛マシンの名称メディオスターNeXT PRO
麻酔料金クリーム麻酔:無料
来院頻度2ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短8ヶ月(全身脱毛5回)
1回の施術時間最短60分
診療時間月~金:12:00~21:00
土日祝:11:00~20:00
定休日:なし(年末年始、臨時休診日を除く)

フレイアクリニックはSHR脱毛による施術を提供するクリニック。

全身すべてをSHR脱毛で施術するから、痛みに弱い人も安心です。

全身脱毛料金も医療脱毛の平均金額より安いので、費用を抑えながら通いたい人にも向いています。

 
無料カウンセリングを予約する

エミナルクリニック

全身脱毛
(VIO+顔除く)
1回:103,950円
5回:174,900円
全身脱毛+VIO1回:120,450円
5回:240,900円
全身脱毛+顔1回:120,450円
5回:240,900円
全身脱毛+VIO+顔1回:147,950円
5回:294,800円
シェービングサービス手の届かない部位は無料(うなじ/背中/Oライン/おしり)
※上記以外の部位は1部位1,000円
レーザーの種類熱破壊式ダイオードレーザー
蓄熱式ダイオードレーザー
※1台の脱毛機で「熱破壊式」と「蓄熱式」の切り替えが可能
脱毛マシンの名称クリスタルプロ
麻酔料金クリーム麻酔:3,000円
来院頻度最短1ヶ月に1回
脱毛完了までの期間最短5ヶ月(全身脱毛5回)
1回の施術時間VIO:20~30分
両脇:10分
うなじ:30分~40分
全身:約60分
診療時間11:00~21:00
※店舗によって異なる

エミナルクリニックは、HR脱毛、SHR脱毛を組み合わせて施術するクリニック。

脱毛機1台でHRモード、SHRモードを切り替えられるから、肌の色、毛の生え方に合わせた施術ができます。

また予約が取りやすい環境に力をいれているため、毎月1回の施術が可能。

脱毛を開始してから卒業までの期間が短いのも、エミナルクリニックの強みです。

 
無料カウンセリングを予約する

まとめ

いかがでしたか?今回は脱毛初心者が悩みやすい「医療レーザー脱毛とサロン光脱毛、どちらを選択するか」という問題について、さまざまな角度から比較検証しました。

よく議論される問題ではありますが、実はすべての人が納得できる答えはありません。

満足できる脱毛の施術は、あくまで自分の希望や目的によって変わるもの。

ぜひ、この記事を参考にして、後悔しないサロン、クリニック選びをしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました